まっきーの女子大生日記

いらっしゃいませ♪
健康的なお話から不健康なお話までなんでもカモン(* ̄▽ ̄*)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ご来館ありがとう(*'ω'*)
よかったらリンクのランキング
クリックしてやってください。




LINKS

ヒッキーパラダイス

↑ヒッキーさんのHPです♪


↑クリックお願いしますです。
RECOMMEND
SONY ネットワークウォークマン [NW-E405 R]
SONY ネットワークウォークマン [NW-E405 R] (JUGEMレビュー »)

外出時のお供です♪
あんまりパソコンに詳しくないので、
使いやすいのかどーかはわかりませんが、
あたしでも使えるし大丈夫だと思います★
中身より外見に惚れました。
百円ライターみたいでカワイイよね*'д'*
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
最後の恋のはじめ方
最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション 最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション

◆あらすじ◆
ニューヨークを舞台に、独自のポリシーをもって
恋愛ベタな多くの男たちをしあわせに導いてきた
デート・コンサルタントのヒッチ。
会計士のアルバートも、彼のおかげで
高嶺の花のアレグラへの恋を実らせようとしていた。
しかし、女性記者のサラと出逢ったころから
ヒッチの恋愛理論が狂いはじめる。
サラのまえではいつもの演出がうまくいかないまま、
ヒッチの心は彼女の魅力に動かされはじめていた。

以下ネタバレです。そうでもないか??



あたしの定義する頭のいい人というのは、主に、
‘の回転がはやい
他人の立場にたってモノを考えられる
Nされない、でも柔軟である(つまり洞察力がある)
なのですが、ヒッチはまさに「頭のいい人」。
うーわーカッコイイ…ラブ笑。

,呂匹海砲任發い襪鵑犬磴覆いと思うけど、
△藁愛から得られるひとが多いんじゃないかと。
とくに、つらい恋。
は自分についてどれだけ多くのことを考えてきたか。
これらがいい方へ作用すれば、
素敵な人物が完成するんじゃないかと思ってます。あたしは。
観ながら、そんなことを考えちゃいました。

映画のほうは無難なラブコメって感じです。
アルバートのキャラクターが愛らしい。ヒッチといいコンビでした。
カップルでみてもおもしろいんじゃないかなー。
もちろん1人で観ても「わかるー!」とか「なるほど」とか(笑)
くすくす笑いながら、ほのぼの観れると思います。
| まっきー | movie | comments(0) | trackbacks(0) |
魔女の宅急便
魔女の宅急便 魔女の宅急便

◆あらすじ◆
魔女の子は13歳になったら1年間ほかの街で
修行しなければならないという掟がある。
それを終えると一人前の魔女になることができるのだ。
キキは13歳の女の子。黒猫のジジと共に修行に出発した。
海のみえるところ。時計塔の素敵な都会を発見した。
期待を膨らませて街に降り立ったキキだったが…。

※以下ネタバレです。気をつけて!

言わずと知れた宮崎駿監督のジブリ作品。
観たのがちっちゃいときで覚えてなかったのですが、
2年ほど前に観直してみて、すごく好きになった作品です。
キキをみてると元気が出てきます。
「落ち込むこともあるけれど、私この街が好きです。」
楽しいことばかりじゃ好きって言葉に重みがないよね。
最終的にキキはジジと喋れなくなってしまうけれど、
それは大人になったって意味なのでしょうか。
ラストはハッピーエンドだけれど、このことにだけ、
ちょっと切なくさせられました。
| まっきー | movie | comments(8) | trackbacks(0) |
チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック

◆あらすじ◆
家族と一緒に、傾いた家で暮らすチャーリー。
彼のたのしみは誕生日だけに買ってもらえる
「ウォンカ」のチョコレート。
しかし、世界一の売り上げを記録している
ウォンカのチョコレートなのに、
だれも工場に出入りしているところを見たことがない。
いったい誰がどうやってチョコレートをつくっているのか…。
ある日、工場に5人の子供を招待するとウォンカ氏が発表。
彼らが工場でみたもの、そして幸運の1日のあとは…?

※以下ネタバレかも汗知りたくない方は読まないでぇ〜(⊃д⊂)



とてもよかったです。すごく後味のいい映画。
まず特筆すべきは、出てくるひとたちの濃さ(笑)
チョコばっか食べてるデブ息子、わがままでなんでも欲しがる娘、
自分が世界一だと思ってる娘、破壊願望むきだしの天才息子、
そして素直なチャーリー。
極端だけど、今の子供の縮図をみてる気分でした。
ウォンカはというと、一言で表すと変態です!
チャーミングだけど、クールすぎるところもあって、
すごくアンバランス。言動もオカシイ…。
ありえない設定ばかりだけど、詳細が綴られているからか、
そんなとこに目が行かないほど変な部分ばっかだからか…
するっと楽しめます。プププ。
でもラストはすごく心温まる。
最後のアナウンスのセリフも好きです。
| まっきー | movie | comments(0) | trackbacks(0) |